コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山彦河良(6代) やまびこ かりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山彦河良(6代) やまびこ-かりょう

1915-1980 昭和時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
大正4年1月8日生まれ。河東(かとう)節。山彦ふさ子(3代宮薗千之)にまなび,昭和33年6代を襲名十寸見(ますみ)会2代目技芸総代。力づよい演奏ぶりで知られた。昭和55年11月29日死去。65歳。本名は飯箸ふみ。前名は山彦ふみ子。作品に「山姥(やまんば)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山彦河良(6代)の関連キーワード昭和時代浄瑠璃

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android