コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山徳権之允 やまとく ごんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山徳権之允 やまとく-ごんのじょう

1833-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の奇兵隊士。下関の外国船砲撃に参加したのち入隊。元治(げんじ)元年7月19日禁門の変で銃弾をうけ自刃(じじん)した。32歳。名は信篤。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山徳権之允の関連キーワード武士幕末天保

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android