山懐(読み)ヤマフトコロ

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐ふところ【山懐】

〘名〙 間のくぼんで、ふところのように入り込んだ。山に囲まれた奥深い所。山のふところ。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「よのなか人も詣でき通はぬ山ふところに、いかで入らせ給へるならん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山懐の関連情報