山木 千賀(1代目)(読み)ヤマキ センガ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の箏曲家(山田流) 山田流箏曲家元。



生年
弘化3年6月30日(1846年)

没年
大正10(1921)年6月24日

出生地
江戸

本名
小林 勝太郎

別名
前名=山林勾当,別名=山木検校(4代目)(ヤマキケンギョウ)

経歴
呉服商の家に生まれる。2、3代目山木検校に師事し、3代目没後、4代目山木を襲名して山木千賀と名乗る。作曲が多く、「三九年川(みくねがわ)」(合作)、「四季の遊」などが代表作。門下から越野栄松、藤井千代賀らが輩出

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android