コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本一力 ヤマモトイチリキ

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐いちりき【山本一力】

[1948~ ]小説家高知の生まれ。本名、健一。数々の職業を経た後、50歳を目前にして作家生活に入る。巧みな話術を生かした味わい深い時代小説で人気を集める。「あかね空」で直木賞受賞。他に「大川わたり」「背負い富士」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本一力 やまもと-いちりき

1948- 平成時代の小説家。
昭和23年2月18日生まれ。旅行会社勤務などをへて,文筆業にはいり,時代小説をかく。平成9年「蒼竜」でオール読物新人賞。14年江戸深川を舞台に豆腐職人一家をえがいた「あかね空」で直木賞。24年歴史時代作家クラブ賞実績功労賞。高知県出身。世田谷工高卒。本名は健一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本一力の関連キーワード次郎長背負い富士山本

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本一力の関連情報