コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本元国 やまもと もとくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本元国 やまもと-もとくに

?-? 江戸時代前期の剣術家。
山本玄常の子。父にまなび,父の没後は越後(えちご)(新潟県)高田の山中に出家隠棲(いんせい)した。当地をおとずれた柳生三厳(やぎゅう-みつよし)(1607-50)と技をきそって敗れ,三厳に無明の剣をつたえた。のち三厳の推挙により還俗(げんぞく)して尾張(おわり)名古屋藩主につかえた。名は賢次。号は雪好。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本元国の関連キーワード山本玄常

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android