コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本松谷 やまもと しょうこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本松谷 やまもと-しょうこく

1870-1965 明治-大正時代の画家。
明治3年11月9日生まれ。東京へでて滝和亭(たき-かてい)にまなぶ。明治27年グラフ誌「風俗画報」の絵画部員となり,20年間に表紙,口絵,挿画など1300点をえがき,報道画家として名を知られる。日本画「野路の雨」「富岳」などの作品もある。昭和40年5月10日死去。94歳。高知県出身。名は茂三郎。別号に昇雲,小斎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本松谷の関連キーワード山下重民大正時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android