コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝和亭 たき かてい

4件 の用語解説(滝和亭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

滝和亭

南画家。江戸生。名は謙、字は子直、別号に蘭田。大岡雲峰鉄翁祖門に学ぶ。帝室技芸員。明治34年(1901)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たき‐かてい〔‐クワテイ〕【滝和亭】

[1832~1901]幕末から明治の画家。江戸の生まれ。本名、謙。字(あざな)は子直。別号、蘭田。南画を学び、花鳥画にすぐれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝和亭 たき-かてい

1832-1901 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)3年1月3日生まれ。はじめ大岡雲峰に,のち長崎で鉄翁祖門(てっとう-そもん)にまなぶ。明治6年ウィーン万国博,26年シカゴ万国博などに出品して受賞。花鳥画を得意とし,宮内省,外務省の絵画御用をつとめ,帝室技芸員となった。明治34年9月28日死去。70歳。江戸出身。本姓は滝宮。名は謙。字(あざな)は子直。別号に蘭田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

滝和亭

没年:明治34.9.28(1901)
生年:天保13.1.3(1842.2.12)
明治期の日本画家。江戸千駄ケ谷村(東京都渋谷区)生まれ。本姓田中,名は謙,字は子直。16歳のとき大岡雲峰に入門し,嘉永3(1850)年長崎に遊学,僧鉄翁,木下逸雲,清人陳逸舟らと交わり,明清画を学ぶ。同6年以降14年間にわたって北越を漫遊。明治維新後,内国勧業博覧会で受賞を続け,竜池会,東洋絵画会,日本美術協会にわたって日本画旧派の重鎮として活躍。中国画論にも通じ,西洋美術の摂取を図った新派に対して,伝統美術を守ることに意を注いだ。明治26(1893)年帝室技芸員となる。東京帝国大学の東洋日本美術史の初代教授となり,美術雑誌『国華』を主宰した滝精一は,和亭の長男である。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滝和亭の関連キーワード塩川文鵬鈴木松僊中野其玉羽田月洲長谷川玉粹古屋重壽川端玉雪反故堆跡成アプワイザーリッシェスナールエクストラ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone