コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本梅荘 やまもと ばいそう

1件 の用語解説(山本梅荘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本梅荘 やまもと-ばいそう

1846-1921 明治-大正時代の日本画家。
弘化(こうか)3年8月13日生まれ。貫名(ぬきな)海屋,三谷雪崦(せつえん)に文人画をまなび,郷里愛知県半田にもどって中国の古画を手本に修業をつむ。山水画にすぐれ,吉嗣(よしつぐ)拝山,児玉果亭とともに地方の三大家といわれた。大正10年2月24日死去。76歳。名は〓(“馬へん”に「冏」)。字(あざな)は子埜。通称は倉蔵。作品に「夏景山水」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本梅荘の関連キーワードヴェナイトヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone