コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本梅荘 やまもと ばいそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本梅荘 やまもと-ばいそう

1846-1921 明治-大正時代の日本画家。
弘化(こうか)3年8月13日生まれ。貫名(ぬきな)海屋,三谷雪崦(せつえん)に文人画をまなび,郷里愛知県半田にもどって中国の古画を手本に修業をつむ。山水画にすぐれ,吉嗣(よしつぐ)拝山,児玉果亭とともに地方の三大家といわれた。大正10年2月24日死去。76歳。名は〓(“馬へん”に「冏」)。字(あざな)は子埜。通称は倉蔵。作品に「夏景山水」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本梅荘の関連キーワード小野寺梅丘吉嗣 拝山渡瀬 凌雲山本石荘渡瀬凌雲稲垣錦荘吉嗣拝山伊藤柳荘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android