コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本誠一郎 やまもと せいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本誠一郎 やまもと-せいいちろう

1833-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の足軽で義勇隊士。水井精一らと熊毛郡別府浦で薩摩(さつま)商人大谷仲之進を外国貿易の疑いで殺し,船をやく。藩へ災いがおよぶのをおそれ,元治(げんじ)元年2月26日大坂東本願寺別院前で自刃(じじん)した。32歳。名は朝正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本誠一郎の関連キーワード元治清岡道之助佐久間佐兵衛益田右衛門介ズマイズマイ島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本誠一郎の関連情報