コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本重澄 やまもと しげずみ

1件 の用語解説(山本重澄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本重澄 やまもと-しげずみ

1590-1669 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)18年生まれ。山本常朝の父。肥前佐賀藩士。有田磁器の増産による山林の乱伐をふせぐため,陶工の人員整理,増税,官有林の指定などをおこなった。正保(しょうほ)4年初代皿山代官。寛文9年10月13日死去。80歳。本姓は中野。通称は神右衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本重澄の関連キーワード狩野永徳シャクシャイン石田未得御嶽城高松城跡〈香川県〉安藤定正江戸北条氏照松田憲秀ムルシリ[1世]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone