コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山東京水 さんとう きょうすい

1件 の用語解説(山東京水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山東京水 さんとう-きょうすい

1816-1867 江戸時代後期の画家。
文化13年生まれ。山東京山の次男。山東京伝の甥(おい)。蒔絵(まきえ)を業としながら,喜多武清(きた-ぶせい)にまなぶ。父京山の「熱海温泉図彙(あたみおんせんずい)」,鈴木牧之(ぼくし)の「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」に挿絵をかいた。慶応3年3月9日死去。52歳。江戸出身。姓は岩瀬。名は百鶴。字(あざな)は梅朔。通称は梅作。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山東京水の関連キーワードボップマリア[1世]高山陣屋跡ナポリ王国ヘーゲル(年譜)植松茂岳中林竹渓藤堂平助ブラントブリジェンス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone