コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山東京水 さんとう きょうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山東京水 さんとう-きょうすい

1816-1867 江戸時代後期の画家。
文化13年生まれ。山東京山の次男。山東京伝の甥(おい)。蒔絵(まきえ)を業としながら,喜多武清(きた-ぶせい)にまなぶ。父京山の「熱海温泉図彙(あたみおんせんずい)」,鈴木牧之(ぼくし)の「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」に挿絵をかいた。慶応3年3月9日死去。52歳。江戸出身。姓は岩瀬。名は百鶴。字(あざな)は梅朔。通称は梅作。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android