コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩瀬 いわせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩瀬
いわせ

茨城県中西部,桜川市北部の旧町域。筑波山北方に位置する。 1925年町制。 1955年北那珂村,東那珂村の2村と合体。 2005年真壁町,大和村と合体して桜川市となった。農業を主とし,西の山地より花崗岩を産する。北の小山寺 (富谷観音) は天平7 (735) 年建立の古刹で,三重塔は国指定重要文化財。月山寺は文化財に指定される寺宝類を多く所蔵。謡曲『桜川』で知られる国指定名勝桜川の堤防に沿う磯部のサクラは国の天然記念物に指定。ほかに新治廃寺跡 (国指定史跡) があり,吾国愛宕県立自然公園に属する。

岩瀬
いわせ

福島県中部,須賀川市北西部の旧村域。郡山市の南に接する。1955年白方村と白江村が合体して岩瀬村が成立。2005年須賀川市に編入。新安積疏水(→安積疏水)によって水田が広がり,米作が中心。キュウリ,花卉などの園芸農業やコイの養殖も行なわれる。

岩瀬
いわせ

富山市北部,神通川河口の港町で,富山港の所在地。元和1 (1615) 年加賀藩の積卸港となり,日本海海上交通の要衝として北海道瀬戸内海方面への回漕業で栄えた。また漁業の町としても繁栄。河口港で土砂の堆積が著しく,大型船舶の出入りができないため,1918年神通川改修工事に着手,河口と港を分離し 33年完成。 39年富山港として開港。原油,原木,石油製品などの取扱いが多い。背後地は重化学工業地区となっている。浜は夏には海水浴場としてにぎわう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いわせ【岩瀬】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩瀬の関連情報