コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩瀬 いわせ

7件 の用語解説(岩瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩瀬
いわせ

茨城県中西部,桜川市北部の旧町域。筑波山北方に位置する。 1925年町制。 1955年北那珂村,東那珂村の2村と合体。 2005年真壁町,大和村と合体して桜川市となった。農業を主とし,西の山地より花崗岩を産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

岩瀬
いわせ

福島県中部,須賀川市北西部の旧村域。郡山市の南に接する。 1955年白方村と白江村が合体して岩瀬村が成立。 2005年須賀川市に編入。新安積疎水によって水田が広がり,米作が中心。キュウリ,花卉などの園芸農業やコイの養殖も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

岩瀬
いわせ

富山市北部,神通川河口の港町で,富山港の所在地。元和1 (1615) 年加賀藩の積卸港となり,日本海海上交通の要衝として北海道瀬戸内海方面への回漕業で栄えた。また漁業の町としても繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いわ‐せ〔いは‐〕【岩瀬/石瀬】

石の多い川瀬。
「直に行かず此(こ)ゆ巨勢路(こせぢ)から―踏み求(と)めぞわが来し恋ひてすべなみ」〈・三三二〇〉

いわせ〔いはせ〕【岩瀬】

姓氏の一。
[補説]「岩瀬」姓の人物
岩瀬京伝(いわせきょうでん)
岩瀬忠震(いわせただなり)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いわせ【岩瀬】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩瀬の関連キーワード須賀川福島県須賀川市一里坦福島県須賀川市稲福島県須賀川市北上町福島県須賀川市北町福島県須賀川市北横田福島県須賀川市台福島県須賀川市長沼福島県須賀川市西川福島県須賀川市八幡町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩瀬の関連情報