コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山王二十一社 サンノウニジュウイッシャ

デジタル大辞泉の解説

さんのう‐にじゅういっしゃ〔サンワウニジフイツシヤ〕【山王二十一社】

日吉(ひよし)大社の上七社・中七社・下七社の総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山王二十一社の言及

【山王神道】より

…山王とは近江の日吉(ひよし)大社のこと。大宮(大比叡,本地釈迦如来),二宮(小比叡,本地薬師如来)を山王両明神,聖真子(本地阿弥陀如来)を加えて山王三所または三聖といい,さらに八王子(本地千手観音),客人(本地十一面観音),十禅師(本地地蔵菩薩),三宮(本地普賢菩薩)を加えて上七社となし,さらに本地垂迹(ほんじすいじやく)説によってしだいに数を増し中七社,下七社を加えて〈山王二十一社〉と称した。山王の号は《二十二社註式》に〈山王号之事,第五十二代嵯峨天皇弘仁十年,始崇敬之〉と見える。…

【日吉大社】より

…比叡山中に延暦寺が建立されると,この2神は天台宗守護の護法神として尊崇され,天台宗の興隆にともなって信仰を集めた。西本宮系の摂社聖真子(宇佐八幡)と客人(まろうど)(白山姫神),東本宮系の三宮,十禅師,八王子とともに山王七社とされ,神々はしだいに増加して,中世には中七社,下七社とあわせて山王二十一社を形成し,社内百八社,社外百八社の神をまつった。また諸国の比叡山末寺や所領,日吉社領には日吉社が勧請され,各地域に分布して現在にいたっている例も多い。…

※「山王二十一社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山王二十一社の関連キーワード延暦寺焼打山王七社日吉大社山王神道大行事日吉