コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山王七社 サンノウシチシャ

デジタル大辞泉の解説

さんのう‐しちしゃ〔サンワウ‐〕【山王七社】

日吉(ひよし)大社の本社・摂社末社をあわせて二十一社を上・中・下に七社ずつ分けていう呼び名。特に、上の七社をさす。大宮・二宮・聖真子・八王子・客人・十禅師・三宮の七所。ななのやしろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんのうしちしゃ【山王七社】

大津市坂本の日吉ひえ大社の本山・摂社・末社の二一神社を上・中・下それぞれ七社ずつに三区分していう呼び名。上は大宮・二宮・聖真子・八王子・客人・十禅師・三宮、中は牛御子・大行事・新行事・早尾・下八王子・王子宮・聖女、下は小禅師・山未・気比・岩滝・剣宮・大宮竈殿・二宮竈殿。特に、上七社をいうことが多い。七社。山王二十一社。七所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の山王七社の言及

【日吉大社】より

…比叡山中に延暦寺が建立されると,この2神は天台宗守護の護法神として尊崇され,天台宗の興隆にともなって信仰を集めた。西本宮系の摂社聖真子(宇佐八幡)と客人(まろうど)(白山姫神),東本宮系の三宮,十禅師,八王子とともに山王七社とされ,神々はしだいに増加して,中世には中七社,下七社とあわせて山王二十一社を形成し,社内百八社,社外百八社の神をまつった。また諸国の比叡山末寺や所領,日吉社領には日吉社が勧請され,各地域に分布して現在にいたっている例も多い。…

※「山王七社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山王七社の関連キーワード日吉大社(ひえたいしゃ)日吉大社山王祭山王二十一社日吉神社境内七の社伽藍神大行事耀天記岩滝聖女

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android