山田 多賀市(読み)ヤマダ タカイチ

20世紀日本人名事典「山田 多賀市」の解説

山田 多賀市
ヤマダ タカイチ

昭和期の小説家



生年
明治40(1907)年12月16日

没年
平成2(1990)年9月30日

出生地
長野県

本名
山田 多嘉市

学歴〔年〕
高小卒

経歴
家が貧しかったため、13歳の時年期奉公に出る。以後、建設作業員やカワラ焼き職人として東海地方を転々とし12歳の時甲府盆地へ。カワラを焼きながら農民運動に参加、小作料引き下げ闘争などに打ち込んだ。その後胸を病み闘病生活に入り、作家に転身。しかしその内容が反戦的ととられ、検束を受けること十数回。昭和18年、35歳の時、徴兵をのがれようと死亡届を偽造。終戦後、自身の戸籍が20年7月6日をもって消えていることを確認。反戦運動として戸籍の復活拒否を貫いた。戦後「農民文学」を復し、のち農業技術誌を編集。著書に「耕土」「雑草」「農民文学代表作集」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android