山田富士郎(読み)やまだ ふじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田富士郎 やまだ-ふじろう

1950- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和25年11月4日生まれ。俳句から短歌にうつり,昭和60年未来短歌会に入会。「アビー・ロードを夢みて」で62年角川短歌賞,平成3年現代歌人協会賞。13年「羚羊譚」で寺山修司短歌賞。知的な短歌表現を目ざす。新潟県出身。立大卒。本名は富士雄。著作に「短歌と自由」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android