コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田登 やまだ のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田登 やまだ-のぼる

1821-1876 幕末-明治時代の武士。
文政4年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。万延元年勘定奉行から用人となる。藩財政の立て直しにつとめ,岩木川の支流山田川を改修し周辺の水田開発をおこなう。明治3年藩主津軽承昭(つぐあきら)に藩政改革をうったえて蟄居(ちっきょ)となり,7年にも県政に不満で出訴した。明治9年死去。56歳。本姓は宇佐美。名は広弼。幼名は又一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田登の関連情報