山田蘇作(読み)やまだ もとさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田蘇作 やまだ-もとさく

1794-1864 江戸時代後期の唐通事。
寛政6年生まれ。肥前福江藩(長崎県)につかえたが,以前の密貿易が発覚し,弘化(こうか)3年豊後(ぶんご)(大分県)日出(ひじ)藩立石領に幽閉となる。客人扱いをうけ,謙虚な人柄から「(おり)のお客様」とよばれ,幽閉の身ながら領内の殖産,教育につくした。長崎唐通事彭城(さかき)清左衛門の変名とも。元治(げんじ)元年11月22日死去。71歳。号は痴鶴。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android