コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県茶雷 やまがた さらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山県茶雷 やまがた-さらい

?-1772 江戸時代中期の俳人。
鹿島白羽(かじま-はくう)の子。大坂の人。父にまなび,十南斎をつぐ。宝暦5年白羽追善集「俳諧(はいかい)十六日」を刊行した。明和9年6月18日死去。別号に東居斎,東南居。号は「ちゃらい」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山県茶雷の関連キーワードスマローコフ噺本蕪村鹿の子餅・鹿の子餠安永明和エルブロンクエルベシウス本多髷工藤平助

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone