コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科教冬 やましな のりふゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科教冬 やましな-のりふゆ

?-1409 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
山科教言(のりとき)の子。内蔵頭(くらのかみ),右近衛(うこんえの)中将,右兵衛督(かみ)などを歴任し,応永15年正三位。応永16年7月12日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山科教冬の関連キーワード室町時代山科教言南北朝

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android