山芍薬(読み)ヤマシャクヤク

  • 山×芍薬
  • 山芍薬 (ヤマシャクヤク)

大辞林 第三版の解説

キンポウゲ科の多年草。山中の林内に生える。高さは30~50センチメートル。晩春、茎頂に径約5センチメートルの白花を一個つけ、花弁は五~七個で半開する。果実は袋果で秋に裂開する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 キンポウゲ科の多年草。各地の温帯林中に生える。高さ四〇~六〇センチメートル。葉は二回三出複葉。小葉は長楕円形で長さ五~一二センチメートル。初夏、茎頂にシャクヤクに似ているがやや小形の白い花を開く。漢名に草芍薬をあてる。くさぼたん。ぼたんぐさ。やましゃくじょう。〔大和本草批正(1810頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android