コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山芍薬 ヤマシャクヤク

デジタル大辞泉の解説

やま‐しゃくやく【山×芍薬】

ボタン科の多年草。山地の林内に生え、高さ約50センチ。葉は3枚の倒卵形の小葉からなる複葉。4~6月、白い花を上向き半開きにつけ、花びらは5~7枚あるが、萼(がく)は3枚。くさぼたん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やましゃくやく【山芍薬】

キンポウゲ科の多年草。山中の林内に生える。高さは30~50センチメートル。晩春、茎頂に径約5センチメートルの白花を一個つけ、花弁は五~七個で半開する。果実は袋果で秋に裂開する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone