(読み)カン

  • ×菅
  • すが
  • すげ
  • 姓氏
  • 漢字項目
  • 菅 (カヤ)
  • 菅 (スゲ・スガ)

デジタル大辞泉の解説

人名用漢字] [音]カン(クヮン)(漢) [訓]すげ すが
〈カン〉
イネ科の草の名。カルカヤ。「菅(かんぼう)」
菅原氏、特に菅原道真のこと。「菅家菅公
〈すげ〉カヤツリグサ科の草の名。「菅笠
スゲのこと。多く、他の語と複合した形で用いる。「ごも」「畳」
カヤツリグサ科スゲ属の多年草の総称。至る所に生え、カサスゲマスクサコウボウムギカンスゲなど日本には約200種ある。茎は三角柱で節はない。葉は線形で、根生。葉の間から茎を直立させ、小穂をつける。葉を刈って、笠・蓑(みの)・縄などの材料とする。すが。 夏》「―干して夕くらがりに川ゆかす/鶏二」
姓氏の一。
[補説]「菅」姓の人物
菅専助(すがせんすけ)
菅義偉(すがよしひで)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「すげ(菅)」のこと。多く、「すがごも(菅菰)」「すががさ(菅笠)」など複合した形で用いられる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
〘名〙 カヤツリグサ科の植物の総称。熱帯から寒帯にかけ世界中に約五〇〇〇種あり、日本には約二〇〇種みられる。桿には三稜(りょう)があり中は充実している。葉は線形で先がとがり平行脈をもち、下部は鞘(さや)となって桿を包む。花には三個の雄しべと、一個の雌しべとがあり、花被はないか、または鱗片状で小穂となる。カサスゲの葉で笠、カンスゲで蓑(みの)をつくり、シオクグ、ショウジョウスゲなどで縄をなう。すが。
※古事記(712)下・歌謡「八田の 一本須宜(スゲ)は 子持たず 立ちか荒れなむ あたら菅原」 〔散木奇歌集(1128頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菅の関連情報