コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【菅】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カン(クヮン)(漢) [訓]すげ すが
〈カン〉
イネ科の草の名。カルカヤ。「菅(かんぼう)」
菅原氏、特に菅原道真のこと。「菅家菅公
〈すげ〉カヤツリグサ科の草の名。「菅笠

すが【×菅】

スゲのこと。多く、他の語と複合した形で用いる。「ごも」「畳」

すげ【×菅】

カヤツリグサ科スゲ属の多年草の総称。至る所に生え、カサスゲマスクサコウボウムギカンスゲなど日本には約200種ある。茎は三角柱で節はない。葉は線形で、根生。葉の間から茎を直立させ、小穂をつける。葉を刈って、笠・蓑(みの)・縄などの材料とする。すが。 夏》「―干して夕くらがりに川ゆかす/鶏二」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すが【菅】

すげ 」に同じ。多く「すがごも」「すがだたみ」など名詞と複合して用いられる。 「時鳥-の荒野を名のりてぞなく/藤籔冊子」

すが【菅】

姓氏の一。

すげ【菅】

カヤツリグサ科スゲ属の草本の総称。熱帯から寒帯に分布し、日本には二百余種がある。水辺や湿地に多く、茎は三角柱状で中実。葉は線形で多くは根生。葉で笠・蓑・縄などを作る。カサスゲ・アゼスゲ・カンスゲ・シオクグなど。スガ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菅 (カヤ)

植物。茅・薄・笠管・刈萱などの総称,または,薄の別称

菅 (スゲ・スガ)

植物。カヤツリグサ科の多年草の一部の総称,とくに笠菅の古名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

菅の関連キーワード神奈川県愛甲郡愛川町八菅山広島県福山市神辺町新湯野菅茶山(かんちゃざん)山形県山形市菅沢野田佳彦内閣富田屋八千代入山菅むしろ多麻古須気菅一文字笠管茶山旧宅菅原玄同菅一文字菅谷長頼菅原是善菅おろし黒瀬正寿広州宗沢回転木馬菅貫く菅裸馬

菅の関連情報