コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カン

6件 の用語解説(菅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん【菅】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カン(クヮン)(漢) [訓]すげ すが
〈カン〉
イネ科の草の名。カルカヤ。「菅茅(かんぼう)」
菅原氏、特に菅原道真のこと。「菅家菅公
〈すげ〉カヤツリグサ科の草の名。「菅笠

すが【×菅】

スゲのこと。多く、他の語と複合した形で用いる。「ごも」「畳」

すげ【×菅】

カヤツリグサ科スゲ属の多年草の総称。至る所に生え、カサスゲマスクサコウボウムギカンスゲなど日本には約200種ある。茎は三角柱で節はない。葉は線形で、根生。葉の間から茎を直立させ、小穂をつける。葉を刈って、笠・蓑(みの)・縄などの材料とする。すが。 夏》「―干して夕くらがりに川ゆかす/鶏二」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すが【菅】

すげ 」に同じ。多く「すがごも」「すがだたみ」など名詞と複合して用いられる。 「時鳥-の荒野を名のりてぞなく/藤籔冊子」

すが【菅】

姓氏の一。

すげ【菅】

カヤツリグサ科スゲ属の草本の総称。熱帯から寒帯に分布し、日本には二百余種がある。水辺や湿地に多く、茎は三角柱状で中実。葉は線形で多くは根生。葉で笠・蓑・縄などを作る。カサスゲ・アゼスゲ・カンスゲ・シオクグなど。スガ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅の関連キーワード畦菅馬菅笠菅猩猩菅菜切菅浜菅青菅蚊帳吊草河原菅小米蚊帳吊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅の関連情報