山辺大鶙(読み)やまのべの おおたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山辺大鶙 やまのべの-おおたか

古事記」にみえる豪族
大和(奈良県)山辺郡の人か。垂仁(すいにん)天皇の皇子本牟智和気(ほむちわけの)王(誉津別命(ほむつわけのみこと))は成人しても口がきけなかったが,(くぐい)(白鳥)の声をきいてはじめて片言をいった。天皇の命により大鶙は鵠を紀伊(きい)から越(こし)まで追い,捕らえて献上したが,皇子ははなせるようにならなかった。「日本書紀」では命をうけたのは天湯河板挙(あめのゆかわたな)とする。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android