コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山預 やまあずかり

1件 の用語解説(山預の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまあずかり【山預】

古代・中世において公領では国衙に,荘園では荘園領主によって補任され,山林の管理・運営などをつかさどった役職名。多くはその地域の有力者が補任され,在地の名主層から補任された〈山守〉を監督し,山手の徴収,山賊の追捕,濫伐の防止などにあたったと思われるが,具体的な権限や職務内容は必ずしも明らかでない。731年(天平3)の住吉大社司解には〈山預石川錦織許呂志奉仕山名所所在〉とある。また946年(天慶9)の伊賀国神戸長部解案によれば,公浪人をもって太神宮領の名張の山預職に補任することの停止を申し請うている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山預の関連キーワード国衙領在家沙汰人定田出作分米免田公領在家役田文

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone