コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山預 やまあずかり

世界大百科事典 第2版の解説

やまあずかり【山預】

古代・中世において公領では国衙に,荘園では荘園領主によって補任され,山林の管理・運営などをつかさどった役職名。多くはその地域の有力者が補任され,在地の名主層から補任された〈山守〉を監督し,山手の徴収,山賊追捕濫伐の防止などにあたったと思われるが,具体的な権限や職務内容は必ずしも明らかでない。731年(天平3)の住吉大社司解には〈山預石川錦織許呂志奉仕山名所所在〉とある。また946年(天慶9)の伊賀国神戸長部解案によれば,公浪人をもって太神宮領の名張の山預職に補任することの停止を申し請うている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

山預の関連キーワード職(所有の形態)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android