コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐比佐都美 きひさつみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岐比佐都美 きひさつみ

古事記」にみえる豪族。
出雲国造(いずものくにのみやつこ)の祖。垂仁(すいにん)天皇の皇子で口のきけない品牟都和気命(誉津別命)(ほむつわけのみこと)が出雲大神に参拝しての帰り,肥河(ひのかわ)(斐伊川(ひいがわ))まできたとき,川下に青葉を山にした飾り物をつくり食事を献上した。その青葉の山をみて皇子ははじめて言葉を発したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone