コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川下 カワシモ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐しも〔かは‐〕【川下】

川の水の流れ下る方。川口に近い方。下流。⇔川上
組織の底辺また下層。「川下の意見を吸い上げる」⇔川上
最終製品を販売する段階をいう。小売り。「川上から川下までの一貫事業体制を強化し企業価値の向上を図る」⇔川上

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の川下の言及

【経営多角化】より

…(2)垂直型多角化 現有の製品分野で,異なる生産・販売段階の方向に多角化するものである。これはさらに前進的(最終製品志向型または川下型)多角化と後進的(原料遡及型または川上型)多角化とに分かれる。前者は素材メーカーが加工段階へ進出する形,後者は完成品メーカーが原料生産分野に進出する形である。…

※「川下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

川下の関連キーワードサプライチェーンマネジメント浜坂ふるさと夏まつり花火大会流れのほとりに生まれてヤナインジギルカ低地シウダー・グアヤナデュッセルドルフスタンリープール北シベリア低地リューベック羽ノ浦〈町〉ポートランド十四山〈村〉チュービング谷和原〈村〉ギリヤーク語城崎〈町〉由宇〈町〉キンシャサ辰口〈町〉大島〈町〉

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川下の関連情報