青葉(読み)あおば

精選版 日本国語大辞典「青葉」の解説

あお‐ば あを‥【青葉】

[1] 〘名〙
① 青い木の葉。青々とした葉。
常陸風土記(717‐724頃)久慈「青葉は自ら景を(かく)す蓋を飄し」
② その年になって芽を出した若々しい葉。若葉。また、青々と茂った若葉。新緑。《季・夏》
※枕(10C終)四〇「こきもみぢのつやめきて、思ひもかけぬ青葉の中よりさし出でたる、めづらし」
※俳諧・曠野(1689)一「目には青葉山ほととぎす初がつほ〈素堂〉」
③ 未熟、未完成なことのたとえ。
※歌舞伎・筑紫巷談浪白縫(黒田騒動)(1875)二幕「まだ其頃は十三才、女子といへど青葉(アヲバ)ゆゑ」
カエデの一品種。春から秋まで、葉が緑色を保つもの。
[2]
[一] 横笛の名。朱雀門の鬼平敦盛の所持のものなどがとくに名高い。青葉の笛。
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「それ笛の名はかむちくこちくやうちく、あを葉ふたば」
[二] 宮城県仙台市の行政区の一つ。平成元年(一九八九)成立。市西部から市街中央部を占める。青葉城址、宮城県庁、仙台市役所がある。
[三] 神奈川県横浜市の行政区の一つ。平成六年(一九九四)緑区および港北区より分区して成立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「青葉」の解説

あお‐ば〔あを‐〕【青葉】

緑色をした草木の葉。特に、若葉のころを過ぎて、青々と茂った木の葉。 夏》「心よき―の風や旅姿/子規

雅楽の横笛の名器。平敦盛たいらのあつもり熊谷直実くまがいなおざねに討たれた時に所持していたといわれる。
高倉天皇秘蔵の横笛。
[類語]若葉翠色すいしょく青翠せいすい万緑ばんりょく新緑木の葉枝葉草葉葉っぱ押し葉葉身葉脈葉柄葉末托葉単葉複葉葉序双葉若緑紅葉こうよう紅葉もみじ黄葉照り葉落ち葉落葉枯れ葉朽ち葉病葉わくらば松葉

あおば【青葉】[仙台市の区]

仙台市の区名。市の中央部や青葉城(仙台城)を含む。

あおば【青葉】[横浜市の区]

横浜市北西部の区名。遊園地こどもの国」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「青葉」の解説

青葉
あおば

地歌の曲名。芳沢春水作詞,杵屋長五郎,蔦山四郎兵衛作曲の芝居歌系の三下り端歌。『落葉集』 (1704) に『関東小六青葉』として収載。『』『袖時雨 (そでしぐれ) 』とともに「三歌物 (みつうたもの) 」といわれる。

青葉
あおば

古鷹型重巡洋艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「青葉」の解説

青葉 (アオフジ)

植物。ツズラフジ科の落葉つる性植物。ツズラフジの別称

青葉 (アオバ)

植物。アオサ科アオノリ属の海藻の総称。アオノリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android