コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岑貉丘 みね かくきゅう

1件 の用語解説(岑貉丘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岑貉丘 みね-かくきゅう

1732-1818 江戸時代中期-後期の医師。
享保(きょうほう)17年生まれ。吉益東洞(よします-とうどう)に古医方をまなび,江戸で開業。師の説をかたくまもり,門人たちが他の医書を参照するのもよろこばなかったという。文政元年死去。87歳。長門(ながと)(山口県)出身。名は逸。字(あざな)は斑如。通称は右膳,少翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岑貉丘の関連キーワード小野君山羅城愚庵(1)国包(8代)三鍼諏訪幾平樗雲東随舎長谷川好春松田拙斎