コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古医方 コイホウ

5件 の用語解説(古医方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐いほう〔‐イハウ〕【古医方】

漢方医学で、後漢時代の医学を行う一派。「傷寒論」「金匱(きんき)要略」などに示された処方を行う。日本では江戸前期から行われ、後藤艮山(こんざん)山脇東洋らがいる。古方家。→後世方(ごせいほう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古医方【こいほう】

江戸時代の医学の一派。これに属する医家を古方家という。儒学の古学派の運動に対応し,名古屋玄医〔1629-1696〕が主唱したもので,《傷寒論》など唐以前の医学に依拠し,それ以後の医学の陰陽五行の空論を排し,実際に即することを主張した。
→関連項目亀井南冥漢方小石元俊傷寒論華岡青洲前野良沢山脇東洋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こいほう【古医方】

江戸中期に経験・実証を方法論とし復古主義を唱え,医学の革新をはかった医学の一派。古方(派・家)ともいう。これに対し金元医学にもとづく流派を後世派(家)という。後世派が宋代儒学の理気・性理説と思想的基盤を共通にする医学理論に支配されて,しだいに難解・抽象的理論が先行し,思弁にはしり,観念的となって臨床上の現実から遊離し,論と術がかみ合わなくなったので,それをしりぞけ,現実に即した新しい医学の建設を目指して生まれたのが古医方である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こいほう【古医方】

江戸時代、漢方医学の一派が唱えた医学説。金・元以後の医学説を排し、晋しん・唐以前の医方によるべきとし、実際を重んじた。江戸初期、名古屋玄医が唱え、のちに後藤艮山こんざん・山脇東洋などが継承。 ↔ 後世方ごせいほう古方

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古医方
こいほう

漢の張仲景(ちょうちゅうけい)の医学。もしくはそれをもっぱら範とする医学。古方(こほう)ともいい、その学派を古方派という。張仲景は3世紀初頭の人で、その著作と伝えられる書に『傷寒論(しょうかんろん)』『金匱要略(きんきようりゃく)』などがあるが、とくに急性熱性病の複合生薬処方による治療法を述べた傷寒論は、古来薬方運用の規矩(きく)として尊ばれた。明(みん)末清(しん)初中国でこの書を熱狂的に信奉する学派が登場したが、日本では17世紀後半に名古屋玄医がこれに触発されて古医方の重要性を唱え、ついで後藤艮山(ごとうこんざん)がこれを受けた。当初は陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基盤とする『黄帝内経(こうていだいけい)』『難経』も許容したが、しだいに『傷寒論』一書を金科玉条とする方向にエスカレートし、香川修庵(しゅうあん)、山脇東洋、永富独嘯庵(ながとみどくしょうあん)、吉益東洞(よしますとうどう)といった古方派の雄が輩出し、江戸時代後期の医界を席巻した。とくに東洞の一刀両断の説は簡明であるがため一般医家の支持を得、近世~現代の日本漢方を特色づけることとなった。しかし実際には『傷寒論』を思うがままに改竄(かいざん)し、自説を主張するに利用したにすぎないという見方もされる。[小曽戸洋]
『小曽戸洋著『漢方の歴史』(1999・大修館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古医方の言及

【後藤艮山】より

…江戸中期の古医方派医。江戸出身。…

【永田徳本】より

…知足斎と号し,また乾堂,茅堂ともいった。曲直瀬道三(まなせどうさん)について李朱医学を修めたとされるが,師説にとらわれず空理空論を排して経験的実証主義をつらぬき,張仲景の古医方を重視して作用の強い薬物を好んで使い古医方派の先駆者に位置づけられている。しかしその経歴は伝説的ベールにつつまれ,薬囊を頸に掛け薬籠を背負い牛にまたがって諸国を遊歴,一服18文(16文とも)の薬を売ったり施薬し,某医のすすめで大名(将軍とも)を治療したが賞賜を受けず去ったなどとされ,市井医としての奇行が伝えられる。…

【永富独嘯庵】より

…長門国に生まれ医家永富友庵の養子となり,名は鳳,字は朝陽,通称は昌安のち鳳介と改めた。17歳のとき京都の山脇東洋の門に入り古医方を学んだ。師東洋にはその才能を愛されたが,門弟らは毒舌をはく性格に毒性(どくしよう)な奴と陰口したのをとって独嘯庵と号したという。…

【名古屋玄医】より

…経書を羽川宗純に学び医学は壮年になって志した。明の喩嘉言の《傷寒尚論》《医門法律》を読んで開眼し,当時盛行の李朱医学を捨てて医学の源流にさかのぼり張仲景の古医方にかえることを唱えた。これは伊藤仁斎の儒学における古学提唱より十数年早く時流にさきがけるものであった。…

【山脇東洋】より

…名は尚徳,字は玄飛また子樹,通称は道作,はじめ移山と号した。医を養父に学んだのち,古医方派の後藤艮山に学んで実証精神を身につけ,中国古典にいう五臓六腑説に疑問をもち,動物解剖を試みたが満足できずに年月を経過するばかりだった。その間,儒学の古学派荻生徂徠の学問に傾倒し,梁田蛻巌(やなだぜいがん)がそれを戒めたが,徂徠の高弟太宰春台,服部南郭と交わり徂徠学の感化を受け実証精神を深めた。…

【吉益東洞】より

…江戸中期の古医方派医学四大家の一人。広島の医師畠山重宗の長男として生まれ,名は為則,字は公言,通称は周助,はじめ東庵と号した。…

※「古医方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古医方の関連キーワード経験主義実証主義復古主義復古神道方法論アルカイスム擬古主義経験科学尚古主義新学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone