コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡了允 おか りょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡了允 おか-りょういん

1791-1830 江戸時代後期の医師。
寛政3年生まれ。岡節斎の養子。小児科を専門として幕府の医官となり,西丸侍医をつとめた。文政13年7月29日死去。40歳。本姓は森。名は茲。字(あざな)は子明。号は勁斎,櫟仙院。著作に「小児戒草」「育嬰窺斑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡了允の関連キーワード総合年表(アメリカ)奴隷制廃止運動フイヤン派立法議会フランス憲法市川団十郎合衆国銀行ラ・ファイエット七月王政フランス共和国憲法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android