コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡宮天皇 おかのみやてんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡宮天皇 おかのみやてんのう

662-689 飛鳥(あすか)時代の追尊天皇。
文武天皇元正天皇の父。死後70年,天平宝字(てんぴょうほうじ)2年天皇の尊称を贈られた。別名に長岡天皇。墓所は真弓丘陵(まゆみのおかのみささぎ)(奈良県高取町)。⇒草壁皇子(くさかべのおうじ)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岡宮天皇の言及

【草壁皇子】より

…天武天皇の皇子で,母は持統天皇。文武・元正天皇,吉備(きび)内親王の父で,后は元明天皇。672年の壬申(じんしん)の乱のときには,天武天皇に従って吉野より東国へ向かい,679年(天武8)5月には天皇の吉野行幸に従った。このとき草壁は大津・高市(たけち)・忍壁(おさかべ)・芝基(しき)らの異母兄弟,および河嶋皇子(天智天皇の皇子)とともに,天皇・皇后の前で団結を誓ったが,誓いの筆頭に立てられたことからみて,当時すでに後継者の地位を固めていたらしい。…

※「岡宮天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡宮天皇の関連キーワード吉備内親王草壁皇子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android