コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文武天皇 もんむてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文武天皇
もんむてんのう

[生]天武11(683)
[没]慶雲4(707).6.15. 大和,藤原
第 42代の天皇 (在位 697~707) 。草壁皇子 (岡宮天皇) の子。母は元明天皇。名は天之真宗豊祖父尊 (あめのまむねとよおおじのみこと) 。また珂瑠皇子,軽皇子ともいう。幼い頃父の死にあい,祖母持統天皇 (天武后) に擁護されて皇太子となり,文武1 (697) 年即位したが,大宝2 (702) 年までは持統天皇の後見のかたちであった。藤原不比等の宮子娘 (みやこのいらつめ) を夫人とし,首皇子 (聖武天皇) をもうけた。その治世は外戚たる不比等の勢力が大きかったが,律令制度の完備期として注目される。すなわち刑部親王,不比等らに命じて大宝1 (701) 年に完成,翌年施行された『大宝律令』の制定がそれである。そのほか,釈奠 (せきてん) を起こし,慶雲3 (706) 年には諸制の改革を行なった。経史に通じ,射芸をよくしたと伝えられる。陵墓は奈良県明日香村の檜隈安古岡上陵 (ひのくまのあこのおかのえのみささぎ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もんむ‐てんのう〔‐テンワウ〕【文武天皇】

[683~707]第42代天皇。在位697~707。草壁皇子の王子で、母は元明天皇。名は珂瑠(かる)。大宝律令を制定、施行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

文武天皇【もんむてんのう】

7―8世紀の天皇。草壁皇子の子。母は元明天皇。天武直系として697年持統天皇譲位により即位,707年まで在位。藤原不比等(ふひと)の娘宮子(みやこ)を夫人とし,その治世は不比等の勢力が強かった。
→関連項目外戚懐風藻柿本人麻呂元明天皇成相寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文武天皇 もんむてんのう

683-707 飛鳥(あすか)時代,第42代天皇。在位697-707。
天武天皇12年生まれ。草壁皇子の子。母は阿閉(あべの)皇女(のち元明天皇)。祖母持統天皇の譲位をうけて,藤原宮で即位。はじめて鋳銭司を設置し,度量(物差しと枡(ます))を諸国に配布,大宝律令を制定するなど,国家としての体制整備をはかった。また遣唐使を復活させた。慶雲(きょううん)4年6月15日死去。25歳。墓所は檜隈安古岡上陵(ひのくまのあこのおかのえのみささぎ)(奈良県明日香村)。別名は軽(珂瑠)(かるの)皇子,天之真宗豊祖父天皇(あまのまむねとよおおじのすめらみこと)。
【格言など】み吉野の山の嵐の寒けくにはたや今夜(こよひ)もわが独り寝む(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もんむてんのう【文武天皇】

683‐707(天武12‐慶雲4)
第42代に数えられる天皇。在位697‐707年。本名は軽(珂瑠),和風諡号(しごう)は天之真宗豊祖父(あめのまむねとよおおじ)。天武天皇の孫。父は草壁皇子,母は阿閉皇女(のち元明天皇)。689年(持統3)7歳のとき皇太子であった父と死別。祖母の持統天皇の保護のもとで成長し,持統は697年2月,反対者を抑えて軽皇子を皇太子とし,同年8月に譲位,702年(大宝2)に没するまで文武の政治を助ける。文武は即位のとき15歳,藤原不比等の娘宮子を夫人(ぶにん),紀竈門娘かまどのいらつめ),石川刀子娘を嬪(ひん)とし,宮子は首皇子(聖武天皇)を生む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もんむてんのう【文武天皇】

683~707) 第四二代天皇(在位697~707)。名は珂瑠かる。天武・持統天皇の孫。草壁皇子の第一皇子。母は元明天皇。大宝律令を制定。「万葉集」「懐風藻」に入集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文武天皇
もんむてんのう
(683―707)

第42代天皇(在位697~707)。名は珂瑠(かる)。天武(てんむ)天皇の孫。草壁(くさかべ)皇子の第2子。母は天智(てんじ)天皇の娘阿閇(あへ)皇女(のち元明(げんめい)天皇)。697年2月立太子、同年8月即位、藤原不比等(ふひと)の娘宮子(みやこ)を夫人とする。ときに15歳。治世10年間のうちの前半は、祖母にあたる持統太上(じとうたいじょう)天皇が後見して政務一般を総覧したが、この時期には刑部(おさかべ)親王、藤原不比等らによって律令編纂(りつりょうへんさん)の大事業がなされた。やがて令十一巻、律六巻が完成して、701年(大宝1)には年号を大宝(たいほう)と建元し、令・律は同年から翌年にかけて施行された。これがすなわち大宝律令であり、ここに名実ともに律令国家体制は確立したのである。しかし治世の後半には災害や飢疫の流行などによる世情不安から、いわゆる慶雲(けいうん)の諸改革を断行して、早くも律令制を軌道修正した。また平城京遷都を望んだが果たせず、25歳の若さで世を去った。御陵は奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村の檜隈(ひのくま)安古(あこ)山陵。[押部佳周]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文武天皇の関連キーワード天之真宗豊祖父天皇英彦山がらがら陽侯久爾曾県犬養大伴多紀内親王坂合部大分那須国造碑皇帝破陣楽坂合部唐高安大島眉月の誓泉内親王采女枚夫高市黒人続日本紀垂水広人石上麻呂綾菅麻呂橘三千代高橋笠間

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文武天皇の関連情報