コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡小天 おか しょうてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡小天 おか-しょうてん

1907-1990 昭和時代の物理学者。
明治40年12月3日生まれ。学習院大,都立大,慶大の教授をへて,昭和52年国立循環器病センター研究所長となる。バイオレオロジー(生物流動学)の開拓者のひとり。49年ポアズィユ賞,51年藤原賞,56年学士院賞。平成2年10月20日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡小天の関連キーワードシュレーディンガー生物物理学レオロジー岡田家武物理学者昭和時代