コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物性物理学 ぶっせいぶつりがくcondensed matter physics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物性物理学
ぶっせいぶつりがく
condensed matter physics

物性論ともいう。物質性質を微視的立場から論じる物理学分野。あらゆる集合状態の物質を対象とする。希薄な気体の性質や規則性の強い結晶質の固体などの研究は著しく進歩したが,規則性の低い液状物質 (液体,非晶質など) の研究には未開拓の面が多い。対象とする物性や領域によって,固体電子論金属電子論半導体の理論,誘電体論,磁性論,光物性高圧物理学低温物理学などに細分される。理論的には量子力学統計力学を基礎とする。最も活発に研究されている物理学の分野の1つであって,その成果がただちに工学,工業に応用されているものも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっせいぶつりがく【物性物理学】

物性物理学とは,物質に関する基礎科学を意味し,物性論ということばもよく用いられる。物質の示す熱的な性質,弾性や塑性などの力学的性質,電気的あるいは磁気的性質,光学的性質などを総称して物性といい,物質の物性に関する物理学を研究する学問分野が物性物理学である。対象とする課題は幅広く,またその分野は化学,工学などとも連続して範囲を明確に規定することはむずかしいが,大きくみて固体物理学化学物理学を包含したものということができよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶっせいぶつりがく【物性物理学】

物質の巨視的な性質を原子論的な立場から研究する物理学の部門。日本だけで用いられる語。狭義には固体物理学と同義であるが、広義には固体物理学・物理化学などを含み、金属・非金属の結晶・液体・気体など種々の状態にある物質の構造とその力学的・熱的・電気的・磁気的・光学的性質を実験的・理論的に研究する多くの分野がある。理論的には量子力学と統計力学をその基礎とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物性物理学
ぶっせいぶつりがく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

物性物理学の関連キーワードローレンツの電子論磁気共鳴吸収Jエルンスト中性子回折原子物理学分子音響学岩石成因論現代物理学核磁気共鳴磁性材料電子工学高柳邦夫細野秀雄中村修二岡 小天超高圧理化学赤﨑勇量子論

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物性物理学の関連情報