岡山鮨(読み)おかやまずし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

おかやまずし【岡山鮨】


岡山の郷土料理で、瀬戸内産の魚介類や野菜など10種あまりの具材を用いる豪華なちらしずし江戸時代藩主による一汁一菜倹約令に抵触せずにごちそうを作るために、具の多いすしに汁をつけたのがはじまりとされる。◇「ばらずし」、また、祭りや祝い事に作られることから「祭りずし」ともいう。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android