コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山鮨 おかやまずし

1件 の用語解説(岡山鮨の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

おかやまずし【岡山鮨】


岡山の郷土料理で、瀬戸内産の魚介類や野菜など10種あまりの具材を用いる豪華なちらしずし。江戸時代、藩主による一汁一菜の倹約令に抵触せずにごちそうを作るために、具の多いすしに汁をつけたのがはじまりとされる。◇「ばらずし」、また、祭りや祝い事に作られることから「祭りずし」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡山鮨の関連キーワード豆打和え豚骨プルニエ蕎麦米貝焼き奉書焼き岡山県瀬戸内市邑久町本庄付け焼き艶煮浜焼き

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone