コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎令治 おかざき れいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡崎令治 おかざき-れいじ

1930-1975 昭和時代後期の分子生物学者。
昭和5年10月8日生まれ。42年名大教授。41年遺伝物質DNAが不連続的に複製されることを発見,43年これを岡崎モデルとして提唱し注目された。中学2年のとき広島で被爆したことが原因で,昭和50年8月1日白血病で死去。44歳。広島県出身。名大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の岡崎令治の言及

【DNA複製】より

…ところがDNA分子を構成する2本の鎖は互いに逆方向の極性をもっており,一方の鋳型DNA鎖で起こるDNA鎖の伸長方向は,全体としての複製方向と逆向きになるという問題が生じる。この見かけ上の矛盾を解決するのに,日本の岡崎令治らの研究が大きな寄与をした。すなわち,少なくとも一方の鎖上で起こるDNA鎖の合成は不連続的であり,複製方向と逆向きに合成された短いDNA鎖がDNAリガーゼによって次々と結合されていく(図a)。…

※「岡崎令治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡崎令治の関連キーワードDNAポリメラーゼプライマー山田 常雄山田常雄核酸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android