コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本神草 おかもと しんそう

美術人名辞典の解説

岡本神草

日本画家。兵庫県生。名は敏郎。京美工・京都絵専卒。第一回国展出品作「口紅」で画名を高めた。「九名会展」に福田平八郎堂本印象宇田荻邨らと参画する。昭和8年(1933)歿、40才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本神草 おかもと-しんそう

1894-1933 大正-昭和時代前期の日本画家。
明治27年11月10日生まれ。大正7年京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)を卒業。同年国画創作協会展に「口紅」を出品し話題をあつめる。官能的な舞妓など女性像をえがき帝展や九名会展に発表した。昭和8年2月13日死去。40歳。兵庫県出身。本名は敏郎。別号に静村。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡本神草の関連キーワード稲垣仲静

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android