岡村教邦(読み)おかむら のりくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村教邦 おかむら-のりくに

1769-1841 江戸時代後期の国学者。
明和6年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。小原君雄に,のち本居宣長にまなぶ。文化12年作事方元締役,天保(てんぽう)4年藩校弘道館の和学方教授となった。天保12年8月7日死去。73歳。初名は教守。通称は与一右衛門。号は蔦舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android