コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村簣斎 おかむら きさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村簣斎 おかむら-きさい

1815-1873 幕末-明治時代の儒者。
文化12年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士山県墨僊(ぼくせん),京都で牧百峯(ひゃくほう)に師事し塾をひらく。禁門の変後,帰郷。維新前後に山口明倫館の教授などをつとめた。尊攘(そんじょう)運動で死んだ人たちの事績を収録した「忠節事蹟」を編集。明治6年9月29日死去。59歳。名は酌中。字(あざな)は士黄。通称は熊七,熊彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡村簣斎の関連キーワード粟屋良之助明治時代儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android