コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村簣斎 おかむら きさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村簣斎 おかむら-きさい

1815-1873 幕末-明治時代の儒者。
文化12年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。山県墨僊(ぼくせん),京都で牧百峯(ひゃくほう)に師事し塾をひらく。禁門の変後,帰郷。維新前後に山口明倫館の教授などをつとめた。尊攘(そんじょう)運動で死んだ人たちの事績を収録した「忠節事蹟」を編集。明治6年9月29日死去。59歳。名は酌中。字(あざな)は士黄。通称は熊七,熊彦。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡村簣斎の関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)ジュネーブ大不況鉄筋コンクリート構造国家連合オブレノビッチ家

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone