コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡熊岳 おか ゆうがく

美術人名辞典の解説

岡熊岳

江戸後期の画家。大坂生。名は文暉、字は世昌、別号に余香堂。幼少の頃より絵事を好み、福原五岳の門に入る。のち諸流派の画法を研究し、独自の画風を成した。特に山水・人物を能くした。『唐土名所図絵』の挿絵は有名である。天保4年(1833)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡熊岳 おか-ゆうがく

1762-1834* 江戸時代後期の画家。
宝暦12年生まれ。大坂の人。福原五岳にまなび,山水・人物画を得意とした。天保(てんぽう)4年12月21日死去。72歳。名は文暉,嬰。字(あざな)は世昌,少年。通称は勝之助。別号に余香堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡熊岳の関連キーワード藪長水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android