コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福原五岳 ふくはら ごがく

3件 の用語解説(福原五岳の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

福原五岳

江戸中・後期の南画家。備後生。名は元素、字は子絢、別号に玉峰・楽聖堂等。京都へ出て池大雅の門に入り、のち大坂へ出て画風を広めた。殊に人物画を得意とし、彭城百川と並び称される。また頼春水とも親交があり詩書もよくした。寛政11年(1799)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福原五岳 ふくはら-ごがく

1730-1799 江戸時代中期-後期の画家。
享保(きょうほう)15年生まれ。京都の池大雅(いけの-たいが)の門にはいり,人物画を得意とし,大坂にゆき師の画風をひろめた。また六言詩や書にもすぐれ,酒の上の逸話(いつわ)がおおくつたわる。寛政11年11月17日死去。70歳。備後(びんご)(広島県)出身。名は元素。字(あざな)は子絢(しけん)。通称は大助。別号に玉峰,楽聖堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福原五岳
ふくはらごがく

[生]享保15(1730).尾道
[没]寛政11(1799).11.17. 大坂
江戸時代中・後期の南画家。名は元素,字は子絢,号は五岳,玉峰,楽聖堂。京都に上って池大雅に絵を学び,大坂へ移って大雅風を広めた。山水人物画を得意とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福原五岳の関連キーワード羅城佐久間文爾三鍼司馬可因千柄菊旦長万年樗雲徳純淵章甫柳枝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone