岡田宜法(読み)おかだ ぎほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田宜法 おかだ-ぎほう

1882-1961 大正-昭和時代の仏教学者。
明治15年4月7日生まれ。大正元年から布教師として各地をまわる。14年駒沢大教授,昭和22年学長。「正法眼蔵」や禅籍の体系的研究をおこなった。昭和36年12月29日死去。79歳。埼玉県出身。曹洞宗(そうとうしゅう)大(現駒沢大)卒。号は禅林。著作に「正法眼蔵思想大系」「道元禅師の思想」「禅学綱要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android