岡田宜法(読み)おかだ ぎほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田宜法 おかだ-ぎほう

1882-1961 大正-昭和時代の仏教学者。
明治15年4月7日生まれ。大正元年から布教師として各地をまわる。14年駒沢大教授,昭和22年学長。「正法眼蔵」や禅籍の体系的研究をおこなった。昭和36年12月29日死去。79歳。埼玉県出身。曹洞宗(そうとうしゅう)大(現駒沢大)卒。号は禅林。著作に「正法眼蔵思想大系」「道元禅師の思想」「禅学綱要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android