岡田氷壺(読み)おかだ ひょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田氷壺 おかだ-ひょうこ

?-1869 江戸時代後期の俳人。
常陸(ひたち)(茨城県)の人。双雀庵禾葉(かよう)にまなび,双雀庵2代をついだ。天保(てんぽう)10年刊行された「禾葉七部集」の撰者のひとり。安政5年季題千九百余に解説と例句をつけた「俳林良材集」を刊行した。明治2年10月8日死去。編著に「文久六百題」「さよちどり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android