岡部又右衛門(読み)おかべ またえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部又右衛門 おかべ-またえもん

?-1582? 織豊時代の大工。
尾張(おわり)(愛知県)熱田の工匠織田信長につかえ,天正(てんしょう)3年熱田神宮造営に参加。4年近江(おうみ)安土城築城にも子の以俊(もちとし)とともにくわわって総大匠司となり,信長から「日本総天守棟梁」の称号をあたえられた。天正10年6月2日本能寺の変で戦死したという。名は以言(もちあき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡部又右衛門

没年:天正10.6.2(1582.6.21)
生年:生年不詳
室町・安土桃山時代の大工。名は以言,正七位上,修理亮。『岡部家由緒書』によると,岡部家は室町将軍家の修理亮を勤めた家柄で,熱田大工として活躍し,以言も天正3(1575)年の織田信長の熱田神宮造営に被官大工として参加した。『信長公記』には御大工岡部又右衛門の名が「安土山天主之次第」の項にみえ,安土城天守の造営にその子又兵衛以俊と共に参加している。以俊の子宗光も又兵衛と称し,徳川家康の二条城造営などにかかわった。以言は本能寺の変で子の以俊と共に戦死した。

(西和夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android