コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野湖中 おかの こちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野湖中 おかの-こちゅう

1776-1831 江戸時代後期の俳人。
安永5年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。松尾芭蕉(ばしょう)の崇拝者で,豊島由誓(ゆうせい)らの協力をえて,文政10年芭蕉の最初の全集「俳諧(はいかい)一葉集」を刊行した。遺稿に「芭蕉翁略伝」などがある。天保(てんぽう)2年2月26日死去。56歳。名は重成。通称は平五郎,庄八。別号に野雀,四壁堂,幻窓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡野湖中の関連キーワード湖中俳人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android