コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊島由誓 としま ゆうせい

2件 の用語解説(豊島由誓の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

豊島由誓

江戸後期の俳人。江戸生。通称を久蔵、号に久臧・坎窩・為誰庵・凌雨堂等。浅草蔵前の札差夏目成美の店員となり俳諧を成美に学ぶ。のちには俳諧を専門にし、江戸俳壇一方の雄となる。安政6年(1859)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊島由誓 としま-ゆうせい

1789-1859 江戸時代後期の俳人。
寛政元年生まれ。江戸蔵前の札差(ふださし)井筒屋の番頭。主人の夏目成美(せいび)に俳諧(はいかい)をまなび,成美の死後は宗匠として独立。もとめられて,おおくの序文・跋(ばつ)文をかいている。安政6年9月2日死去。71歳。通称は久蔵。別号に坎窩,為誰庵,凌雨堂。編著に「其角発句集」「成美発句集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

豊島由誓の関連キーワード夜来石出烏旭逸山空二壺半双竹大練舎長隠(1)月守不染