コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野金右衛門 おかの きんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野金右衛門 おかの-きんえもん

1680-1703 江戸時代前期の武士。
延宝8年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士四十七士のひとり。十文字槍(やり)をよくつかい,俳諧(はいかい)にもすぐれた。主君浅野長矩(ながのり)の仇を討ち,松平家にあずけられ元禄(げんろく)16年2月4日切腹。24歳。名は包秀(かねひで)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡野金右衛門の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)おもな浪花節の演目赤穂浪士一覧小野寺十内赤穂義士岡野包秀森一生

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android