コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天和の治 てんなのち

世界大百科事典 第2版の解説

てんなのち【天和の治】

江戸幕府5代将軍徳川綱吉(在職1680‐1709)の初期の施政の通称。天和(1681‐84)に続く年号貞享(じようきよう)(1684‐88)をも冠して〈天和貞享の改革〉とも称する。17世紀後半に入って幕藩制社会が変質しはじめると,領主階級全般に財政の不健全化,支配機構の弛緩が表面化し,農民の抵抗も質量ともに高揚の傾向を示した。幕府もこの事態に対応するため,全領主的支配を強化しようと努力したが,4代将軍家綱が病弱で政務の主導力に欠け,固定化した格式制度が政治刷新の障害をなした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の天和の治の言及

【徳川綱吉】より

…また堀田正俊に財政専管を命じ,勘定吟味役を創置して直轄領行政の刷新に努め,勤務不良の代官を大量に処分した。このような綱吉の初期の施政は幕政史上〈天和(てんな)の治〉などと称せられる。しかし綱吉の権威が強大になるにつれ,幕臣全般の気風は萎縮し,彼の政治的意図を実らせるべき新しい行政機構は成長せず,ことに84年(貞享1)堀田正俊が殺されて後は,牧野成貞柳沢吉保ら側近の寵臣の権勢のみ増大する傾向を生じた。…

※「天和の治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天和の治の関連キーワード江戸時代(年表)堀田正俊元禄時代