コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩上登波子 いわがみ とわこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩上登波子 いわがみ-とわこ

1780-1863* 江戸時代後期の歌人。
安永9年1月生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩医の娘。三河(愛知県)吉田藩士岩上俊隆と結婚。本居大平(もとおり-おおひら)にまなぶ。「伊勢物語類語」「三代調類題」などをあらわし,歌集に「登波子詠草」がある。文久2年12月15日死去。83歳。本姓は馬目。名はとは。幼名は宇免。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩上登波子の関連キーワード武装中立同盟ペスタロッチグリュクスボー朝グリュックスボー朝中島名左衛門マリアテレジアティチングマリアテレジアコンディヤック前古典派音楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android